読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月18日

前回の更新以降仕事が忙しくて死んでた
あわわ

仕事が忙しかった話は面白くないし
そもそも書けないことばっかりだから書かない


f:id:barzam154:20141119001036j:plain
f:id:barzam154:20141119001052j:plain
忙しくなる前に描いた絵

池袋晶葉イチャラブビジネス新書の原稿が次々届く
みんなこんな企画に名乗り上げてくれて
それだけでありがたいし
どれもこれも面白いうえにイチャイチャしてて
すばらしい

他人のイチャイチャした考えというのは
ダイレクトに糧になって面白いし
この企画をはじめて良かったと思えた

同人誌……合同誌の主催とか
そもそも仕事とかを通して思ったことは
編集の仕事というのは弁当屋みたいだなということだ
子供の頃は漫画雑誌読んで
「編集ってなにやってんだ?
 漫画家だけでよくないか?」
と思ったけどそういうことじゃなかった

編集はおいしい料理を作る仕事じゃないけど
おいしい料理をどう弁当箱に詰めるか……
という仕事だと思った
そして弁当に詰める前に
そもそも弁当箱の見た目とか
弁当の売り方を考える仕事なのだと

なんとなくそう思ったし
なんとなくしっくり来たので
これからは弁当屋を名乗ろうと思った
弁当

あともらった原稿を改めてみて
やっぱりただ絵や文章を
ネット上とかで情報としてだけ見るのと
書籍というパッケージを通して見るのは
全然違うことだなと思えたのは収穫だった
どっちがいいとか悪いとかでなく
見せ方がまったく違ってくるので
それに準じた姿の変え方というものが
あるのだろうということだ

多分本とかじゃなくて
映像作品とかもそうなのだろうけど

f:id:barzam154:20141119001717j:plain
コミケに向けて
コミケ作法を教わるために
お酒を飲んでいたら
池袋晶葉イチャラブビジネス新書の
原稿をもらうために一応儲けた締め切りに
まだ原稿をくれてない人たち3人のうち
3人が偶然固まってやってきたので時が止まった
「えっ」
っていったら
「えっ」
「なんでバーザムいるの……」
と言われて
なんではこっちだよ!と思ったけど
楽しくお酒が飲めたし
結果的に顔を合わせて同人誌の話が
できたのでまあよかった
お酒を飲むのは楽しいので基本的に好きだ

あと今日は集まった人たちと
僕「夢見て生きなきゃ〜〜〜???」
みんな「「「王じゃなーーーい!」」」
ってできたので最高の飲酒でした


f:id:barzam154:20141119002104j:plain
f:id:barzam154:20141119002047j:plain
つらみという名前が面白すぎると思ったが
食べてみたらうまかったパターン