読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「池袋晶葉」というキャラクターの転がし方の見事さについて

 

f:id:barzam154:20150707003702j:plain

 

アイドルマスターシンデレラガールズ』にて

'15年7月7日、七夕キャンペーンがはじまりました

リーダーにしたアイドルが短冊に書いた願いが読めるというこのイベント、

キャラクターによっていろいろ温度差はあるのですが

池袋晶葉は上記のような、意外なメッセージを残しました

コレ、非常にいいなあと思いまして

というかその

ちょっと軽く泣いたんですけど

 

 

で、なんでこの池袋晶葉の短冊の願い事が「イイ」のか

ということをザッとお話します

 

 

◆池袋晶葉というキャラクター

f:id:barzam154:20150707003928j:plain

必要ない気もしますが改めて「池袋晶葉」についておさらいします

彼女は'11年11月下旬にはじめてモバマスに姿を現したキャラクターで、

実装時期的にはかなり古参の部類にはいります

 

「すさまじい科学力によりロボを開発する天才少女」

というプロフィールを持つ彼女は、ゲーム中でもさることながら

二次創作などでも特殊なシチュエーションを実現させたり、

コメディリリーフとして物語を回す役割として非常に重宝するキャラクターであるため、

よく姿を見かけるキャラクターでもあります

また、実際に育ててみると歳相応の少女らしい"弱さ"も兼ね揃えており、

非常に多様な面を持つキャラクターであると言えます

このあたりについては以前、FC2ブログや同人誌にて書いたので

未読の方は下記を参照してください

 

 

 

zamlog 成長する池袋晶葉の良さ

 

 

◆天才であろうとする心

f:id:barzam154:20150707003702j:plain

さて、そんな実装当初から「天才」を自称する彼女が、

なぜ、七夕に

「本当の天才になりたい…!」

というような願い事を書いたのでしょうか

 

そのヒントは『お嬢様チャレンジ』というイベントにあります

これについても以前、このブログで散々言及しましたが

「知らない」という方は下記リンクを参照してください

 

barzam154.hatenablog.com

 

f:id:barzam154:20150707005723p:plain

 

お嬢様をテーマにした舞台公演で、

池袋晶葉は自らのアイデンティティともいえる「ロボ」を封じられ

舞台上で生のピアノ演奏を成功させなければならない大役を担うこととなります

f:id:barzam154:20150707005853p:plain

 

いつも自身を満々にみなぎらせていた彼女ですが

このときばかりは非常な緊張を強いられてしまいます

無理もないこと、得意なロボ製作ならともかく

ピアノ演奏などこれまでの人生で経験がない

ましてや「ドレミ」の位置すらわからないのですから

でも"天才"なら……

常日頃、彼女が自称している”天才”ならば、

生まれつき優れた才能を備えた人物であるならば、

問題なくこなせるはずです

 

f:id:barzam154:20150707010005p:plain

 

しかし彼女は残念ながら天才ではないのです

ロボを作ることはできても、

なんでもそつなくこなせる天賦の才能は身につけていない

これまでも少女らしい弱みを見せることはありましたが

ここでついに彼女は自分の口から

「自分は天才ではない」

と認めてしまうのです

 

f:id:barzam154:20150707010421j:plain

ではこれまでのアイドル活動は?

果たしてプロデューサーにスカウトされ、

'12年のお正月より開始してきた

アイドル活動はどうだったでしょうか?

それまで経験してきたのでしょうか?

天賦の才によっていきなりうまくできていたのでしょうか?

 

f:id:barzam154:20150707010525j:plain

いえ、そんなことはありません

決してアイドルとしての活動も平坦な道ではありませんでした

ですがそんなアイドル活動も、楽しみを見出すことと、

たゆまない努力によってこれまで続けてくることができました

 

そう、池袋晶葉は天才を自称をしているものの、

実は努力によって勝利を勝ち取ってきた子なのです

 

f:id:barzam154:20150707010822p:plain

f:id:barzam154:20150707010833p:plain

f:id:barzam154:20150707010838p:plain

 

そして、それはアイドルチャレンジでも変わりませんでした

 

f:id:barzam154:20150707010936p:plain

 

そして彼女は舞台を成功させます

これまで通り、「天才だから」ではなく「努力と挑戦」によって

 

f:id:barzam154:20150707011119p:plain

 

これまでは自分のことを「天才」だと信じていた池袋晶葉

ですが、舞台公演での挫折によって「自分は天才ではない」

と認めてしまいました

しかしすぐに「天才ではない自分でも物事をやり遂げることができる」

ということに気づくことができました

舞台公演というアイドルチャレンジを経て、

池袋晶葉は大きく成長することができました

 

 

そしてこれからは「天才であると思い込んでいた自分」を捨て、

「本当の天才になりたい」と思い始めた

 

それが短冊にあのようなことを書いた経緯なのではないでしょうか

 

「天才になろうとする池袋晶葉」の物語が、いま動き始めている

そう感じます

 

◆これからの池袋晶葉とこれまでの池袋晶葉の転がし方の見事さ

 

f:id:barzam154:20150707011833p:image

こうなってくると今後、俄然楽しみになってくるのは一ノ瀬志希との絡みです

同じ「天才キャラ」でありながらこれまで不思議と絡みがなかった志希
 
「天才になろうとするアイドル」池袋晶葉と違い、
ギフテッドと他称され、海外留学で飛び級をしているという志希は
「既に天才であるアイドル」といえます
これまで絡みがなかった両者が、
いまの段階で絡んだらどんな化学反応を起こすのか……
正直、楽しみでなりません
 
 
 
今回の七夕やアイチャレだけでなく、
ここのところの池袋晶葉の転がし方は非常に「イイカンジ」であると感じます
 
f:id:barzam154:20150707012207p:image
例えば先に話に出した一ノ瀬志希ですが、
正直に話ししまえば実装当初、
池袋晶葉担当プロデューサーとして彼女の存在にはかなりナイーブになっていました
「キュート属性」
「天才」
「白衣」
と、なぜいまになってこんなに要素を被せてきたキャラクターを出したのか?
池袋晶葉は失敗だったと言いたいのか?
そう思うこともしばしばでした
 
ですが、いまはどうでしょう
 
先述のとおり、あえて
「池袋晶葉は天才ではない、努力の人である」と表現することにより
両者のあいだでカブっていた属性を見事に乖離させ、むしろ
「天才同士で絡むよりもっと面白くなるかも……!」
と期待せずにはいられない関係となっています
 
また、志希が薬学などのケミカル方面を担当したことで、
本来はロボ開発専門であるにも関わらず、なにかと
「なんでも作れるキャラクター」として扱われがちな池袋晶葉を、より
「メカニカル方面専門のキャラクター」として際立たせてくれました
 
f:id:barzam154:20150707012735p:image
また、大石泉とのユニットでは
「池袋晶葉はパソコンに弱い」ということを明らかにすることにより
さらに「メカニカル特化」であることを示しました
これらの能力の住み分けは
「池袋晶葉は天才ではない」という伏線であるとともに、
「池袋晶葉を安易に舞台装置として用いる」
ことへのカウンターとして機能しており
実装当初から担当プロデューサーを続けている身としては
非常に溜飲の下がる展開でした
 
f:id:barzam154:20150707013041p:image
また、「3周年記念メッセージ」は
「私は裏方の方が似合っている」という発言をし、
「この安易なメッセージはアイドル活動に大変な楽しみを見出してきた
池袋晶葉の成長を蔑ろにしている」と、僕を含め
多くの担当プロデューサーを憤慨させましたが*1
f:id:barzam154:20150707013312p:image

後にアイドルチャレンジのエピローグにて

「劇やパーティは裏方の方が……」というフォローが入れられるなど、

本当に気の利いた展開をしてくれていると思っています
 
 
2月下旬に開催されたアイドルチャレンジから4ヶ月
およそ半年に一回ほどのペースで登板される池袋晶葉は
そろそろ次のイベント投入が射程内に収まる頃です
 
ますます成長し、キラキラとした新鮮な姿を見せてくれる池袋晶葉
次のイベントではどんな輝きを見せてくれるのか、それがとても楽しみなのです
 

 

*1:ちなみに池袋晶葉だけでなくほかのアイドルも妙にやっつけ仕事が目立ち、正直3周年メッセージはプロのライターの仕事とは思えませんでした