読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのがっこう展

f:id:barzam154:20170421172715j:image

銀座松屋で開催中のくまのがっこう展に行ってきました。

くまのがっこうは誕生15周年を迎える絵本で、NHK Eテレで放送されているアニメ『がんばれ! ルルロロ』の原作……というかスピンオフ先? であります。

 

原画が200枚以上展示されているというなかなかのボリュームで、後の予定もありちょっと駆け足気味に見たつもりでしたがざっくり40分かかりました。

 

f:id:barzam154:20170421173722j:image

内容はオーソドックスな作品の紹介に加えて原画を展示するというものですが、最初のフロアはジャッキーと11人のお兄さんの精巧な人形が飾られていて、展示なされかたもキャラによっては板によじ登っていたりと個性的で目を楽しませてくれます。

説明の文章もただの板だけでなく、フラッグに印刷されたものもあって展示場内の照明も相まって雰囲気ある会場作りに成功しており、そんなにめっちゃお金がかかった展示会ってわけじゃないんですが雰囲気はかなり良かったです。

 

f:id:barzam154:20170421173753j:image

注目すべきは絵本をプロダクトとして見れる展示もされているところで、パッと見同じようなデザインに見れるキャラクター造型のポイントや、原作者とイラストレーターのやり取りを綴ったメモなどが展示されていてめちゃめちゃに心惹かれる展示となっています。

 

「かわいいキャラクター」ってどう作ればいいんだ? というのがなんとなく、ではなくロジカルに作られて行く様子は圧巻です。

 

f:id:barzam154:20170421173817j:image

また、ストーリー作りについても絵本の内容自体は非常にほんわかした牧歌的なものなのに、但し書きには「キモい?」とか「あざとくならないようにする」みたいな生々しい書き込みがされており、かわいさに満ちた絵本が形作られた行く道筋を感じられてすごくワクワクする展示となっています。

 

原画自体も書き損じのトル指示や、下書きを書き込んだ凹みなどが見られて凝視すればするほど発見がある充実の内容。必見。

見てるうちにかわいさと鬼気迫る感じとが同時に襲いかかってきて、胸が締め付けられて泣きそうになりました。スゲー面白い。

 

f:id:barzam154:20170421173904j:image

ちなみに原画展は撮影不可ですが、アニメ『ルルロロ』や絵本雑誌『MOE』とのコラボコーナーは撮影自由です。絵的に寂しいので散らしておきました。上の写真はバンダイから発売されるミニチュア風プラモデルの「ハコルーム」。かわいすぎで楽しそうすぎか。欲しすぎる。

 

f:id:barzam154:20170421174039j:image

『ルルロロ』の絵コンテ。描き込みすぎじゃない!?

 

f:id:barzam154:20170421174105j:image

夏公開の映画のPOP。なんだこのキャラデザ!? 瞳のハイライトなど違和感アリアリなんですが大丈夫なんだろうかこれは。

 

f:id:barzam154:20170421174142p:image

前のポスターこんなんだったじゃん!

『ルルロロ』の方向性でいいと思うんだけど。まあ見てみないことには始まりませんが!

 

f:id:barzam154:20170421174259j:image

ディック・ブルーナのデザイン展もすぐ隣で開催中。めちゃくちゃ見たい!

けど今日はこの後MARVEL展にハシゴするのと、シンデレラガールズ総選挙でマジでお金がないので泣く泣くスルー。見たーい!あーん!

 

f:id:barzam154:20170421174422j:image

池袋晶葉に投票お願いよろしくお願いします。

今回は結果を残せそうなんだ!頑張るぜ!